ごえちむの一人旅録・発見録

常にきらきらした人でいたい、そう思いながら書いてます!

Suica使えません。

────────────────────

不便は便利になって気づく。

────────────────────

 

実家のある山形へ

弾丸帰省。

 

目的は

f:id:alwaysLaugh:20170620120723j:imagef:id:alwaysLaugh:20170620120553j:image

 

の中の

ダンスイベント。激アツだった、、!

 

というのは置いておいて。

"http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100l7ur00h9i3" rel="nofollow" target=""http://h.accesstrade.net/sp/rr?rk=0100l7ur00h9i3"

f:id:alwaysLaugh:20170620121637j:image

 私の実家の最寄り駅と山形駅間を走る左沢線

本数は平均1時間に1本

 

昼間は3時間に1本のときも🙄 

 

駅員さんがいる駅よりも無人の方が多いこの左沢線は電車ではなくディーゼル車。

 

 

そして

Suicaが使えません。

 

f:id:alwaysLaugh:20170620124831j:image赤いところに注目。

f:id:alwaysLaugh:20170620124857j:image私の最寄り駅。自動改札なし。

f:id:alwaysLaugh:20170621081125j:image山形にいるときはこれが普通で。

 

不便とは感じなかったはずなのに。

 

便利を1度は手に入れると

前までの 日常 が 不便 に変わっちゃう

 

適応できてたものが

不便 と感じちゃう

 

 これは

開発途上国含めた外国でも言えることで。

 

便利がいいか悪いかは

一概に言えなくて

 

だから

勝手にこっちの価値観、先入観で

喜ぶだろうと勘違いして

 

それが

相手が望んでないことだったら

 

その手間も善意も

ただのお節介 、になっちゃったり

下にみてるの?

って思われたりすることもあるんだろうなあ

 

 

1時間に1本でも

それだけ時間を大切にしようって

 思える気がする。